Banksy の証明書COA

~Rareandsigned.comとは~

​Pest Control
​ バンクシーファンなら誰でも知っていますが、バンクシーのストリートgraffitiには基本的にCOAが出ることはありません。バンクシーの認める唯一のCOA発行機関であるPest Controlは販売目的以外の作品には原則COAを発行しないからです。
 理由は、ストリートgraffitiが犯罪行為であるということが挙げられます。万が一Pest ControlがストリートGraffitiをバンクシー作品であると認めれば、逮捕される可能性があるということです。また、一度現場から取り除かれた作品にはCOAは下りないと言われています。
 真作と判断できる作品でさえも、Pest Controlが認めない限り、真作と言い切るのは難しく、話題となった東京のBanksyのストリートgraffitiでさえ、ほぼ本物と呼ばれています。(ちなみにあれは99.999%本物です。)
 Pest ControlがCOAを発行しないとなれば真贋を見極めるためにはどうすればよいでしょうか。別の鑑定機関に依頼する必要があります。そこでRareandsigned.com(R&S.com)の登場となります。
​Pest Controlからの実際のメール
ストリートGraffitiには
COAが発行できないと書かれています。
​(いつも忘れたころに返信が来ます)
​Rareandsigned.com
result_1591447606210.jpg
​ Rareandsigned.comはイギリスで、様々なコレクションの鑑定を行っているコレクション会社です。私共も以前はアメリカ作品の鑑定をお願いしたこともありました。以前は皆無でしたが、最近はやたらと日本のオークションサイトで、R&S.comのCOAを見かけることが多くなりました。(以前はイギリス以外ではほとんど見かけることがありませんでした。)しかし、最近、R&S.comの鑑定に疑問を感じることがあります。素人でも明らかに偽物とわかる作品にR&S.comのCOAが発行されている事例がいくつもあるからです。
 
 その為、先日R&S.comに連絡を取り、『なぜ、偽物にR&S.comのCOAが発行されているのか』、詳細を伺いました。R&S.comからの回答は、『最近R&S.comのCOAの偽物が出回っている』というものでした。ホログラムを含めて偽物のR&S.comのCOAを作成する手間を考えると、そこまでしてR&Sの偽物のCOAを作成するメリットはないと思われます。偽物を作るならPest ControlのCOAでしょ!と突っ込みたくなります。
 そうなれば、Rareandsigned.comの鑑定自体に疑念を生じざるを得ないということになります。確かに最近はどんな作品にもお金(1~2万円程度)払えば、すぐにR&S.comのCOAが発行されます。最近はそのお金を得るために発行している感さえあります。(鑑定は無料ですので、発行しなければR&S.comに利益はありません)
 その為、残念ながら、現在では私共はR&S.comのCOAをほとんど信用しておらず、今後、万が一、Pest ControlのCOAが発行されるようなことがあったとき、取っかえるためのもの、もしくはただのイミテーション、くらいに思っているほうがいいかも知れません。
​Rareandsigned.comのCOAの傾向
20-06-08-20-37-22-851_deco.jpg
 イギリスの方も日本の方も証明書(COA)の類が好きな方が多いようで、イギリスからバンクシーのストリートgraffitiを購入した場合、R&S.comのCOAがすでについている場合があります。Pest ControlのCOAでなくても、何らかの鑑定結果もしくは証明書があれば安心されるのだと思います。もしくはR&S.comの鑑定を信用されているのだと思います。
 
 また、アメリカからストリートgraffitiを購入すれば、ほとんどの場合、R&S.comのCOAはついていません。これは、まさに、国民性の違いによるものであると思います。その為、アメリカのロードサインなどは日本の方が日本からR&S.comのCOAを取得するケースがほとんどであると思われます。
 先ほども述べましたが、私共も以前は、アメリカのロードサインの鑑定をR&S.comに依頼したことも、ありました。アメリカのロードサインは真贋を判断するのが困難な場合があるからです。(簡単にほぼ本物であると判定できるものもあります。(ex)Exit Through The Gift Shop他)
 その点、イギリスのロードサインは特徴や年代、場所、ステッカーなどから99.9%本物(Genuine)であると判断できるものがあり、あえてCOAを必要としないケースが多く見られます。それでもイギリスの方や日本の方はR&S.comであってもCOAを希望される方がいます。(現在私の中ではR&S.comのCOAにほとんど価値はありません。本物と判断できるものに、あえてR&S.comのCOAを取る必要はないと思います。Pest ControlのCOAなら別ですが。)
 間違いのないものを購入したい場合はやはり、年代や場所、証拠などがそろったものが良いかと思います。貴重で高価ですが、イギリスの作品の美術的希少価値は今後も期待できます。​
​R&SのCOA文言の変貌
19-10-26-19-08-07-944_deco.jpg
19-10-26-19-08-07-944_deco.jpg
20-07-15-23-20-17-639_deco.jpg
20-07-15-23-20-17-639_deco.jpg
拡大するとGenuine(本物)と記載してあります
​        

イギリス作品

イギリス作品

​拡大するとGenuine(本物)と記載してあります
20-05-06-23-32-46-767_deco.jpg
20-05-06-23-32-46-767_deco.jpg

​アメリカ作品

​拡大するとOriginal / in the style of Banksy
と記載されています。
​R&SのCOA総括

​以前のRareandsigned.comのCOAはGenuine(本物)と記載されていましたが、最近はOriginal/in the style of Banksy(オリジナルバンクシースタイル)と記載されているものがほとんどです。他の文言のものもあります。もしかしたら、贋作にCOAを出していたのが問題となったか、Pest Controlから指摘され、Genuine(本物)という言葉を使わないようにしているのかもしれません。R&S.comのCOAの変化を確認するのも楽しいですが、R&Sed.comやそのCOAに対する信用や信頼は残念ながら持てません。

 

この記事はコレクターとして、公平、公正な立場での感想であるとご理解いただければと思います。その為、今後の新たな発見によっては意見が変わることもあり得ます。ご了承ください。(実際はないと思います。)

BACK