​ARTの価値・正体

 Banksyのストリートグラフィティ、ロードサインなどは一体いくらの価値があるのでしょう。今までのロードサインの最高額は19万ユーロ(2000万円以上)と言われています。アートの価値というのは誰でもとても興味があると思います。

  

 誰でもよく知っているゴッホの『ひまわり』は1987年に53億円で落札されました。作品は素晴らしいのだと思いますが、個人的には1億円でも欲しいとは思いません。また、最近レオナルド・ダ・ヴィンチの『サルバドール・ムンディ』が508億円で落札されました。(芸術作品史上最高額)あの作品は正直そこまでお金を積んで落札しようとした方の気持ちが分かります。とてもうらやましく感じました。なぜそのようなことが起こるのかというと理由は簡単です。自分が好きか、嫌いか、欲しいか、欲しくないか、ただそれだけです。

 バンクシーのストリートグラフィティも同じことが言えます。バイヤーが欲しいかどうかが一番大切です。私の場合、欲しいと思ったものはいくら払ってでも手に入れようとしてしまいます。これがコレクターの性なのかもしれません。100万で購入すれば100万円の価値ですし、500万円で手に入れればそれは500万円の価値ということです。しかしそれは他の人にとっては無価値な物であるかもしれませんし、欲しい人にとっては1000万円以上の価値あるものになるかもしれません。つまり、同じアートでも価値は人それぞれだということです。芸能人の明石家さんまさんはコレクターとして様々なものを収集しているそうですが、証明書などは全て捨ててしまうそうです。自分が欲しいかどうかが一番大切であるということだと思います。価値があるものはコレクションそのもので、証明書そのものには価値はありません。物事の本質をしっかり分かっておられます。流石です。バンクシーについても同じことがいえるのではないでしょうか。バンクシーの原画はPest ControlのCOAがつきます。原画と言ってもシルクスクリーンで200枚くらい刷られたものです。原画はPest ControlのCOAがあるので300万円以上で取引されています。それに引き換えバンクシーのロードサインなどのストリートグラフィティは唯一無二です。しかし、原則ストリートグラフィティにはPest ControlのCOAは出ません。そのため、市場の相場というものがあまりなく、まさに、欲しい人がいくらなら

買いたいか、ということがその金銭的価値に大きく反映します。Pest ControlのCOAが欲しい人にはロードサインはあまり価値のないものなのかも知れません。しかし、世の中に一つしかないバンクシー作品を収集している人にとってはバンクシーの本物のロードサインの価値は計り知れません。私は、Pest ControlのCOAを収集しているのではなく、世界に一つのバンクシーの芸術作品を収集するコレクターですので、バンクシーのロードサインに計り知れないほどの価値を感じ、ストリートグラフィティを収集しています。

 

 以前映画『EXIT THROUGH THE GIFT SHOP』の中で、ただのフランス人の写真家のおやじのはずの、MR Brainwashの絵が高値で売れるのにバンクシーが驚き、『芸術はジョークなのかも知れない』と言っていましたが、まさにそうなのかも知れません。芸術の価値は誰にもわかりません。とにかく好きか、欲しいかです。これからもコレクターとして、欲しいものこそ本当に価値のあるものとして、コレクションできればうれしいですね。

                     Tama Sala

 

 

 

 

​ARTの価値は

​あなたの心が決める

19-07-17-17-50-43-675_deco.jpg
​この記事はバンクシーのロードサインが本物であるという大前提のもと書いております。偽物は論外です。
​BACK